魚拓アート拓正会ヨーロッパ」が設立されました。
”Gyotaku Art Takuseikai Europe”
「トピック」更新しています。

スケジュールを更新しています。

 拓正会の「アート魚拓」は、松永正津会長が50年以上の試行錯誤の中で、水性アクリル絵具を使い、魚の模様(縞や斑点)等すべてを魚体の上に描き、紙をはがした後からは目玉以外は一切の加筆修正を加えない直接法にこだわり、今のスタイルが確立されました。大きさだけを残す釣り人の「記録魚拓」から、魚の上に色をつけた「カラー魚拓」が始まり、更に構図・遠近などにこだわった美術品としての「アート魚拓」へと進化しました。
  現存する最古の魚拓は天保10年(1839年)、尺鮒の直接法の魚拓です。魚拓は日本独自の文化として始まり、現在、世界各国に多くの愛好家がいる状況になりました。「魚拓」が英語表記で「Gyotaku」として認識されていることは喜ばしいことです。一方、インターネット等で海外の方の活動を見ていると、疑問に思う作品が多いことが気になります。
最近は画像を加工した「デジタル魚拓」や拓した後から色付けしたり、魚拓を切り抜いて貼り合わせたり、いろいろな作品が製作されています。
 伝統ある美術や芸能には確かな技術が継承されています。拓正会の「アート魚拓」は30分から40分で魚の上に絵具を塗りあげないと乾いてしまいます。また、シワの処理など技術をマスターすることが大切です。拓した後の小ジワや色抜けなどが直接法の個性であり、同じものが2枚とできない、まさに「一期一会」だと思います。
加筆修正などいろいろなテクニックを使うことで「拓」の良さが薄れていき、「魚拓風絵画」と勘違いされていきます。
 2018年4月にフランスの魚拓アーティストが拓正会の教室に参加されました。彼は直接法を初めて体験され衝撃を受けられました。その後、2019年5月に彼の招きで、松永正津会長による講習会および展示会がフランスのキブロンで行われました。
 フランス、イギリス、アメリカ、スイスなど多くの国の魚拓作家が参加されましたが、その卓越した技術に驚きを隠せないようでした。
私たち拓正会は、国内はもとより、世界各国に日本の文化「アート魚拓」をアピールする活動を続けたいと思います。


"Takuseikai Art-gyotaku” was established by Master Masatsu Matsunaga who spent more than 50 years on the direct fish print method (years of attempts and errors sometimes) using water-based acrylic paint to print all the details on the fish (stripes, spots, etc.) drawing nothing else but the eyes after removing the paper.Don’t draw nothing else.
From the fisherman’s “Record gyotaku” (to record the size), to the “Color-gyotaku” (to color the fish), it evolved into “Art-gyotaku” a work of art focusing on composition and perspective.
The oldest existing Gyotaku is the direct fish print of “Shaku-Buna” Tenpo 10 (1839). Gyotaku began as a culture born in Japan, and now there are many enthusiasts around the world.
On one side we are delighted that “Gyotaku” is recognized as “Gyotaku” in English.
On the other hand, we are worried to find many surprising works when we browse the activities of people from around the world on the Internet.
Recently, various works have been produced, such as "Digital Gyotaku" which has processed images, gyotaku colored with paints,parts of the fish cut to take print separately.
As all the technics inherited from a traditional art,the technic of gyotaku must be transmitted correctly.
"Takuseikai Art-gyotaku” highlights the importance to master the technique to be able to create and work in a clean way.Indeed if you don't take the print within 30 to 40 minutes,the paint on the fish will dry and give a bad print
We see gyotaku artists who correct with a brush the imperfections of the print such as lack of prints,lack of colors.We do not agree with this way of doing.
We want you to understand that the blur and lack of color express the particularity of the Gyotaku, and that the same work cannot be made in two pieces, it is exactly like a “once-in-a-lifetime” chance. By using various techniques
such as retouching, the specificity of “Taku” will fade, and it will be mistaken for a “Gyotaku-style” painting.
In April 2018, a French Gyotaku-artist participated in the Takuseikai class. He was impressed when he first experienced the direct fish print method.
Later, in May 2019, a seminar and exhibition by Master Masatsu Matsunaga was held in Quiberon, France at his invitation. Gyotaku-artists from many countries such as France, the UK, the USA, Switzerland participated.They couldn’t hide their surprise in front of the outstanding technique of Master Masatsu Matsunaga.
We Takuseikai, would like to continue the activities that appeal to the Japanese culture, the Art-gyotaku, not only in Japan but also around the world.